あおもり桜マラソン 「厳しい状況」月内判断へ

この記事をシェア

  • LINE
青森2020.03.23 18:37

 青森市の小野寺市長は4月19日に開かれる予定の「あおもり桜マラソン」について「厳しい状況」という認識を示し、3月中に開催か中止の決定をします。

★青森市
  小野寺晃彦 市長
「開催しないとなれば2021年度の開催をめざすということになります。2021年度の開催にするのか2020年度開催できるのかはかなり厳しい状況ではありますけれど急ぎ検討させていただきたい」

 青森市の小野寺市長は23日会見でこのように述べ、「あおもり桜マラソン」は「厳しい状況」という認識を示したうえで2021年度の開催にも言及しました。
 「あおもり桜マラソン」は市内では初めてのフルマラソンとして
4月19日に開かれる予定です。
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴って各地のスポーツ大会などが中止や延期をしている中でおよそ4000人の申し込みがあり、多くの参加者から開催するかどうかの問い合わせが寄せられているということです。
 このため、小野寺市長は関係者と検討を急ぎ、3月中に開催か中止を決める考えを示したものです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース