山陰の観光地にも徐々に人が・・由志園では

この記事をシェア

  • LINE
島根2020.06.29 19:32

県をまたぐ移動の自粛が解除されたことをきっかけに、山陰の観光地にも週末は徐々に人が戻りつつある。
松江市の由志園では、5月18日に営業を再開して以降、初のイベント「霧の日本庭園」が行われている。霧によって涼を演出する恒例イベントだが、週を追うごとに来園者が増え、27日・28日は合わせて約600人が訪れて新緑の日本庭園を散策した。
入園した観光客は「自然に触れるってことが今まで当たり前だったのが当たり前じゃなくなり、その不自由さの中やっと自由を感じられる」と観光ができる喜びを語った。
現在、県外客は主に広島方面が多いということで、由志園では出雲・米子両空港の東京便が7月から増便されることへ期待を寄せている。「霧の日本庭園」は、9月末頃まで行われている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース