「アベノマスク」山陰両県で配布始まる

この記事をシェア

  • LINE
島根2020.05.23 15:51

新型コロナ対策として政府が全世帯を対象にに配布する布製マスク、いわゆる「アベノマスク」の配達が23日、山陰両県で始まった。松江中央郵便局では、午前8時半からマスクを積んだ配達員が次々とバイクで出発し、市内の住宅やマンションなどにマスクを配達していた。マスクは一住所につき2枚。約一週間かけ松江市と鳥取市の一部の地域(いずれも3万か所)に配達する。その後、国からマスクが届き次第、県内の他の地域でも順次配達される。最終的には、島根県で約30万か所、鳥取県で約26万3千か所に配達される予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース