医療従事者 症状無くてもPCR検査実施へ

この記事をシェア

  • LINE
島根2020.05.22 19:57

島根県は新型コロナウイルスの感染患者を受け入れる病院のスタッフなどについて症状がなくてもPCR検査を行うことを決めた。
丸山知事は、22日の定例会見で新型コロナウイルス対策として約7憶2千万円の一般会計補正予算の専決処分を行ったことを発表した。このうち、約1億円をかけて行われるのがPCR検査の対象拡大。対象となるのは、新型コロナの入院患者を担当する医療従事者と、医師が検査を必要とした妊婦で、いずれも院内感染のリスクを減らすことを目的に公費で検査を実施するという。
また、県の検査体制の強化にも4億円が充てられ、今年中には1日当たりの検査可能件数が約2倍になる見込み。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース