鳥取県の残る6つの施設 23日に再開へ

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.05.22 19:41

関西地区の緊急事態宣言解除を受けて22日、鳥取県は新型コロナウイルス対策本部会議を開いた。平井知事は「施設は全面的に23日にも開放していくことにすべきかと思う」と話し、新型コロナの感染拡大防止のため休館していた6つの観光施設を再開させることが決まった。
再開するのは、南部町の「とっとり花回廊」、境港市の「夢みなとタワー」、倉吉市の「二十世紀梨記念館」、湯梨浜町の「燕趙園」、鳥取市の「とっとり賀露かにっこ館」と「鳥取砂丘こどもの国」。
いずれの施設も一部のコーナーの利用を制限するなど、3密対策を講じることや県外の人の利用を控えてもらうことなどを条件に再開する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース