鳥取市の小学校で演劇のワークショップ

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.05.21 20:36

山陰両県の緊急事態宣言が解除されてから21日で1週間。鳥取市気高町にある全校児童数30人の逢坂小学校で、鳥取市の劇団「鳥の劇場」のスタッフを講師に招いてワークショップが行われた。
11月の学習発表会に向けたワークショップでは、感染予防として距離が離れてもできるプログラムを選び、大きな声を出しても大丈夫なようにマスクを着けて行われた。
児童は「距離を取ることもだし、終わった後は手洗いうがいをちゃんとしたいと思う」と話した。
「鳥の劇場」の中川玲奈さんは「距離は離れて、でも気持ちは1つになってイメージをしっかり受け取ろうとする場面も見られた」と感心していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース