鳥取県内53例目は県外から帰省の学生

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.11.19 19:17

鳥取市は、県内53例目となる新型コロナウイルス感染者が20代の学生と発表した。性別は公表していない。
学生は11月14日、高速バスを利用し県外から鳥取市内に帰省。到着後、親族と外食をともにしたがこの日の時点で倦怠感や頭痛の症状があったという。翌15日には鳥取市内で行われた催しに1人で参加。16日は外出しなかったというが、17日に37.4℃の発熱と軽い嗅覚異常の症状が現れ、かかりつけ医に電話で相談。18日検体を採取し、PCR検査の結果陽性が判明した。
この学生は軽症で、19日午前に感染症指定医療機関に入院した。鳥取市では発症日を学生が帰省した14日としているが、県外で他の患者と接触があったかどうかは調査できていないとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース