山陰両県14地点で11月観測史上最高気温

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.11.19 18:48

山陰地方は高気圧の影響で各地で気温が上がり、19日に続いて夏日となった地点があった。最高気温は、鳥取県大山町塩津で27.5℃と9月上旬並みとなったのをはじめ、山陰の14地点で11月の観測史上最高の気温を観測した。
鳥取市内では「きょうは異常。(腕まくりした袖を見せながら)こんな状態11月の中旬にこんな格好しない」と驚きの声が聞かれた。
一方、26.4℃まで気温が上がった出雲市にある紅葉の名所鰐淵寺では、この暑さで半そで姿の観光客も見られた。
境内には葉が比較的小さい「いろはもみじ」が紅葉の見頃を迎えていて、鮮やかな赤に染まっている。
異例の夏日となる中で紅葉狩りを楽しむ人は「朝からどんどん脱いで(来た)」「暖かくて過ごしやすいというより歩くと暑い」などと話していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース