GoTo商店街 松江に無料のトゥクトゥク

この記事をシェア

  • LINE
島根2020.11.16 19:34

松江市では「GoTo商店街」の取り組みが本格化している。
GoTo商店街の事業の一環で14日から松江市の3つの商店街を中心に運行が始まったのは「トゥクトゥク」。
トゥクトゥクは、東アジアで広まっている観光用のタクシーで、時速は約20キロ。JR松江駅周辺を約1時間かけて回り、乗車は無料。6か所の停留所で自由に乗り降りでき、商店街の風景を見ながら買い物も楽しんでもらうのが狙い。
運行初日の14日は、さっそく乗客がトゥクトゥクの乗り心地を体感していた。当面は、土日のみ運行され、午前10時から午後4時まで、商店街を7周する予定。
松江市商店会連合会の中村寿男会長は「(トゥクトゥクは)いわゆる足になるだけじゃなくひとつのファッションだったり話題性がある。ショッピングを楽しんでもらって商店街を活性化させていけたら」と話す。
こうした中、商店街にある、お茶処松江を代表する老舗「中村茶舗」には、広島県からバスツアーの団体客が訪れ、お店の人からお茶の歴史などを聞きながら松江が誇るお抹茶を味わっていた。
散策ツアーでは、松江の街並みを体感してもらおうと、商店街の散策も旅行プランに組み込まれている。ツアー客は、商店街付近にある和菓子店にも足を運んだ。お茶を楽しんだあとは、松江の和菓子。ツアー客は自分や家族用にと、和菓子を購入していた。
ツアー客に松江の商店街について印象を聞いてみると「ちょっと思ったよりはさみしいような感じがした」、「GoTo(トラベル)キャンペーンで全国的に動いている割には若い人がすくないのが気になった」といった声も。
松江市内の商店街では、新型コロナによって、移転や閉店するお店もあり、週末は日中でも、人通りは少なく、特に、若い世代はあまり見かけない。中村茶舗では今回、トゥクトゥクが運行されたことによって、通りがより活気づくことを期待している。
中村茶舗の槇原真理子さんは「普段は、静かな感じなのでトゥクトゥク目的に来られたという方も増えると思うので、もっともっと活気が戻ってくるかな」と話す。
コロナと付き合いながら、賑わいの創出へ。地域を盛り上げる新たな試みに期待がかかっている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース