3空港を結ぶ日帰りチャーター便を運航へ

この記事をシェア

  • LINE
島根2020.11.16 19:25

日本航空は農協観光との共同企画で、出雲空港と広島空港、岡山空港を結ぶ1日限りの日帰りチャーター便を就航させると発表した。
計画によるとチャーター便の運行は来年1月24日(日)で、1機が岡山と出雲、広島の3つの空港を回り、それぞれの空港から乗った乗客が日帰りツアーを楽しむ。
このうち出雲空港から乗り込むツアー客は、隠岐の島や大山上空を遊覧飛行した後、広島空港で降りて尾道クルーズや宮島観光など選んだコース毎の旅を楽しみ、その日の内に飛行機で出雲に戻る。
日本航空は、コロナ禍で利用が減った国際線機材を使ったチャーター便を3月までに50本運行する予定だが、隣県への周遊や遊覧飛行を組み込む形での運行は初の試みだという。
日本航空山陰支店の澤山英治支店長「こういう時代だからこそ今までには全く想像すらし得なかった旅の楽しみをご提供できたら」と話している。※11月24日から農協観光で予約受付開始

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース