鳥取県で新たに1人感染 52例目

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.11.13 20:15

鳥取県は13日に新型コロナウイルスの新規感染者が出たことを受け、14日午後対策本部会議を開いた。

新たに感染が確認されたのは鳥取県西部在住の10代の会社員の男性だ。鳥取県によると、この男性は今月2日に、倦怠感や発熱の症状が出たため、医療機関を受診。その後も症状が改善せず、5日に別の医療機関を受診した。
7日以降は症状が治まったが、勤務先からPCR検査を受けるように勧められ、検査の結果13日に陽性が判明した。
男性は症状が出て以降会社を休んでいて、13日に感染症指定医療機関に入院した。また、男性は発症日の2週間前までに県外への訪問歴があったという。会議に出席した平井知事はマスクの着用や屋内の換気を行うなど、改めて感染対策の徹底を呼びかけていた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース