鳥取銀行 中間決算は減収減益

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.11.13 19:16

鳥取市に本店を置く鳥取銀行は13日減収減益となる中間決算を発表した。
鳥取銀行の会見によると、銀行の売上にあたる経常収益は約66億円となり、前年同期より5億円ほど減少。そして経常利益は6億6000万円と約半減となり、2年連続の減益となった。
そんな中、中小企業向け貸出金は過去最高を更新。今回の決算について、平井耕司頭取は「特に宿泊業・飲食業はかなりの影響を受けている。そういった面ではコロナ資金を積極的に推進できたのは大きく(地域に)寄与できたのではないか」と話した。
また今後は、「地元企業が経営改善できる環境づくりをするのが使命」と話していた。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース