重文・石谷家住宅で庭園の特別公開始まる

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.11.13 19:02

鳥取県智頭町にある国の重要文化財・石谷家住宅で、秋の庭園特別公開が13日始まった。毎年、春と秋の年に2回行っているが、今年は新型コロナの影響で春の公開が中止となったため、去年の秋以来の開催となる。
特別公開中は建物内から庭に下り、実際に歩いて木や岩の配置など細かな造りも見てまわることができ、訪れた人がその趣きを感じていた。また普段は非公開となっている茶室では、公開中は抹茶とお菓子を味わうことができる。
広島県からの観光客は「どこを見ても素晴らしいものばっかりでもうびっくり。いいもの見させてもらった。」と感想を話した。
石谷家住宅の岡田光弘さんは「コロナの影響があって例年の半分くらいのお客さんの入りだが、逆にゆっくり庭園を散策していただけるかと思う。」と話している。
石谷家住宅の秋の庭園は15日までと、20日から23日に公開され、期間中に紅葉もピークを迎えそうだという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース