新型コロナ対策へ 大山どりが米子市へ寄付

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.09.16 13:56

新型コロナウイルス対策に役立ててほしいと地元企業などが米子市へ110万円を寄付した。
米子市に110万円を寄付したのは、米子市で鶏肉の加工・販売を行う「大山どりグループ」とグループが支援しているプロゴルファーの金宮みかどさん。金宮さんは、埼玉県出身で米子市在住のプロゴルファーで8月に開かれた医療従事者応援のチャリティートーナメントで獲得した賞金を寄付した。
大山どりの青木さんは「コロナが終息することを願ってみんなが、一丸となって頑張っていきたいという気持ち」と話す。
大山どりグループは5月にも鳥取大学医学部附属病院に寄付を行っている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース