集団感染防止に 学生寮で抗菌コーティング

この記事をシェア

  • LINE
島根2020.09.14 19:25

全国でクラスターが相次いで発生する中、集団生活で感染を防ぐための対策も進められている。
松江市にある中高一貫校・松徳学院。卓球部には県外出身の生徒も多く31人の部員のうち、21人が寮生活をしている。14日は、集団生活をする生徒たちの感染リスクを減らそうと、寮の食卓と練習で使用する卓球台の抗菌コーティング作業が行われた。
松徳学院の寮では日々の健康チェックや食事の際には少人数に分けて席を離すなどの感染症対策をとっている。ただ、インフルエンザなどとは異なり新型コロナでは感染に気づかないという恐れもありできる限りの対策を進めていきたいとしている。集団感染を未然に防ぐために何が出来るか、松徳学院では今回の効果をみて、教室の机や教卓などについてもコーティング作業を行うことを今後検討するとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース