効果的なクマの追い払い方は 研修会で学ぶ

この記事をシェア

  • LINE
鳥取2020.06.30 19:20

クマの目撃が相次ぐ中、人里にクマが現れた時の対処方法を学ぶ研修会が30日、鳥取県八頭町で開かれた。
効果的な追い払い方法を学んでもらおうと鳥取県が初めて開いたもので、市町村や県の担当者など約40人が参加した。初めに参加者たちはクマの特性や被害の現状、また野生動物を追い払うための煙火を安全に使用する方法などについて講義を受けた。そして近くの山林で様々な種類の煙火を実際に使用しながら取り扱い方法を学んでいた。
参加者は「音と振動が大きくて驚いた。人間がこれだけびっくりすれば動物も逃げるかなと思った。」などと感想を話した。
鳥取県によると、今年度に入ってからの県内のクマの出没件数は48件で、去年と比べると減少しているが、個体数は増え生息域は拡大する傾向にあるという。特に今年は市街地での目撃がて、県では住民への注意喚起や集落への侵入防止対策を進めていくとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース