長崎みなとメディカルセンター 段階的に診療再開

この記事をシェア

  • LINE
長崎2020.07.29 11:41

クラスターが発生していた長崎みなとメディカルセンターは段階的に診療を再開している。

外来診療では再診の患者を心臓血管内科、腎臓内科など4つの科を除き受け入れ。新規の患者は8月2日まで受け入れない。入院診療では新型コロナウイルスへの感染の有無を調べる検査を事前に行った上でクラスターが発生した病棟以外で受け入れる。面会は当面禁止を継続。また入館者全員にサーモグラフィーによる体温チェックを行うという。全面再開は最短で8月11日を目指す。一方27日感染が確認された県議会の浦川基継議員と接触していたとして検査を行っていた長崎市議会の佐藤正洋議長、議会事務局の局長、職員の3人のほか田上長崎市長と武田敏明副市長、髙宮茂隆副市長のあわせて3人は「陰性」だったという。また県議会議員31人の「陰性」も確認された。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース