パーテーション20台を寄贈

この記事をシェア

  • LINE
宮城2020.06.22 12:16

新型コロナウィルス感染対策として飛沫防止の仕切り板「パーテーション」20台が利府町に寄贈された。寄贈したのは利府町の内装業真栄工芸。同社が製作した縦53センチ横140センチの透明プラスチック製。町では町民交流館の学習スペースに設置する。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース