大崎市の伊藤康志市長が新型コロナに感染

この記事をシェア

  • LINE
宮城2020.11.21 17:39

大崎市の伊藤康志市長が新型コロナに感染した。感染者の県市長会事務局の男性と13日に接触歴がありPCR検査で判明。入院中だが重篤ではなく意思決定ができ職員を指揮監督できる状態のため市では職務代理は置かず業務に支障がないように対応するという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース