鹿児島市長選挙告示 新人4人が立候補

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2020.11.22 12:12

 任期満了に伴う鹿児島市長選挙が22日、告示され、正午までに新人4人が立候補している。
 鹿児島市役所では22日朝から立候補の受付が始まり、届け出を終えた各陣営の関係者が腕章やのぼり旗などを受け取った。立候補しているのは届け出順に、無所属新人で前市議会議員、上門秀彦氏(66)は「どうか変えよう。鹿児島市のためにチェンジしよう」と訴えた。
 無所属新人で前の副市長、松永範芳氏(62)は「森市政をしっかりつないでそして新しい鹿児島を作る」と訴えた。
 無所属新人で前県議会議員、下鶴隆央氏(40)は「若い発想で新しい鹿児島市をつくることが必要」と訴えた。
 共産党新人の元市議会議員、桂田美智子氏(67)は「市民に寄り添ったあったかい市政を目指して全力で突っ走る」と訴えた。
 立候補の届け出は、22日午後5時まで鹿児島市役所で受け付けている。鹿児島市長選挙の投票は今月29日に行われ即日開票される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース