鹿児島市長選挙立候補届け出受付リハーサル

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2020.11.21 17:56

 22日に告示される鹿児島市長選挙を前に21日、立候補の届け出を受け付けるリハーサルが行われた。
 鹿児島市役所で行われた立候補の届け出を受け付けるリハーサルでは、市の選挙管理委員会の職員が、立候補の届け出順を決める「くじ引き」の流れや、選挙運動に必要ないわゆる「選挙の7つ道具」を渡す手順を確認した。今回は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、消毒液を設置したり、関係者の席の間隔を空けるなどの対策がとられるという。
 鹿児島市選挙管理委員会事務局の新小田美郎事務局長は「1人1人の意見を政治に反映させるというためには1人1人の投票行動が必要になってくる、投票所に行って投票してほしい」と話した。
 鹿児島市長選挙には、前の副市長、松永範芳氏(62)。前市議会議員の上門秀彦氏(66)。前県議会議員の下鶴隆央氏(40)。元市議会議員の桂田美智子氏(67)の4人が立候補を予定している。鹿児島市長選挙は22日告示、29日に投開票される。KYTで行われた立候補予定者4人の討論会は、KYTのホームページから見ることが出来る。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース