鹿児島市の小中学校で終業式 コロナ対策も

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2020.07.31 20:08

 鹿児島市の小中学校では31日、終業式が行われた。来月1日から例年より11日短い夏休みが始まる。
 鹿児島市の谷山小学校では、新型コロナウイルス対策のため全校児童を2学年ごとに分けて終業式を行った。今年は新型コロナの感染拡大に伴う休校で不足した授業時間を補うため、県内の多くの自治体で夏休みを短縮している。鹿児島市の小中学校も例年より11日遅い終業式となった。
 通知表を受け取った子供たちは「2年生よりも(成績)上がってて嬉しかった」「(1学期は)お友達と会える数が少なくてちょっと悲しかった」「家族といとことおばあちゃんたちと一緒にキャンプに行く」などと話した。
 子どもたちは来月1日から1か月間の夏休みに入る。2学期の始業式は9月1日だ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース