東京で感染者急増 鹿児島空港で乗客は…

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2020.03.26 20:07

 東京では25日を超える47人の新たな感染者が確認された。新型コロナウイルスの「感染爆発の重大局面」だと緊張感が高まっている。春の異動時期を迎える中、空の玄関口、鹿児島空港では様々な声が聞かれた。小池都知事が週末の外出の自粛を求める中、関東へ引っ越す人は「心配だが行かなければ。マスクをつけて気を付けたい」と話した。感染者が確認されていない鹿児島。「鹿児島にきて驚いた。緊張感がない。感染者が出てないからか離れているからか」と話す県外の人もいた。
 一方、県議会の各会派の代表が三反園知事を訪ね新型コロナウイルスの対策の強化を求める要請書を手渡した。県内の経済は大きな影響を受けているとして国や市町村と十分に連携し全力で取り組むよう求めている。
 下鶴隆央議員は「国の対策が実際に打たれた時に鹿児島県の中でカバーされない所が出てきた場合、対応できるように経済対策の備えを進めて欲しいと思う」と話した。
 来月には小・中学校が再開する見通しだ。子供たちにマスクを支給できるよう求めたという。
 外薗勝蔵議長は「知事も共通の思い。補正予算を含めた第1弾にとらわれず第2弾、第3弾をとっていくと話していた」。
 知事は「国への要望活動も行っていきたい」と話したという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース