鹿屋市の介護老人福祉施設「みどりの園」に行政処分

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2020.03.26 19:56

 県は鹿屋市の介護老人福祉施設に対し、法律で決められている数の職員を配置しなかったなどとして、新たな利用者の受け入れを停止するなどの行政処分をした。
 行政処分を受けたのは、鹿屋市の介護老人福祉施設「みどりの園」。県によると「みどりの園」は、2017年3月から去年2月までの間に、「デイサービス」や「ショートステイ」で介護保険法で決められた数の介護職員や、常勤の生活相談員を配置していなかったという。また、グループ内の別の施設では定められている常勤の看護職員が配置されていなかったという。他にも、施設管理者が同じ敷地内にある他の事業所の管理を兼務し、サービスに支障が生じていて、一元的な管理が行われていなかったとして、県は26日から半年間新たな利用者の受け入れを停止するなどの行政処分を行った。
 みどりの園は「二度とこのような事態を招くことのないよう内部管理体制の充実と更なる法令遵守体制の強化を図りたい」とコメントしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース