どうなる?かごしま国体、かごしま大会

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2020.03.24 20:24

 安倍総理は24日夜、IOCのバッハ会長と会談し東京オリンピック、パラリンピックについて話し合う。仮に延期になった場合、県民にとって気になるのがその先に予定されているかごしま国体・かごしま大会の開催がどうなるのか?という問題。国体の延期はこれまで一度もない。一体どうなるのだろうか?
 今年10月に予定されているかごしま国体と全国障害者スポーツ大会。鹿児島で開かれるスポーツの祭典に向け、様々な準備が進められてきた。主催する日本スポーツ協会などによると、国体についてはこれまで中止になったことはないが、去年の茨城での全国障害者スポーツ大会は台風19号の影響で初めて中止となった。
 日本スポーツ協会と日本障がい者スポーツ協会が定める基準では「災害があった場合、協議して開催するかどうか決める」ことになっている。つまり、災害の「中止」は想定しているが感染症やその他の理由による延期は想定していないという。
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県の担当者は日本スポーツ協会に対し「基準要項の改定が今後、必要になる可能性があることなどを確認した」と話したという。
 国体の開催場所は2029年までほぼ決まっている。延期するとしてもいつ開催できるかまったくわからない。県はオリンピックが延期した場合の各競技団体への影響などについても調べ始めているということだ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース