県 コロナ対策補正予算に約10億円

この記事をシェア

  • LINE
鹿児島2020.03.23 19:47

 県は23日、新型コロナウイルスの緊急対策として、補正予算に10億1100万円を計上することを明らかにした。
 主なものとして、中小企業を支援するための県の融資枠を200億円から過去最大規模の400億円にする事業などに1億2000万円。県の融資枠を活用する場合、500万円以下の借り入れを3か月間、実質無利子にする事業に5100万円。介護施設や幼稚園などへのマスク、消毒液の確保に2億3400万円。また、PCR検査を受診する費用の負担など1700万円。子育て世代への支援として、収入が減ったひとり親家庭への貸付の限度額を2倍に拡充する事業に4100万円。一斉休校の影響で、就業が困難なフリーランスに対し、国の定額支援に加え、県独自に1日1000円を助成する事業に1800万円。その他、学校給食について、食材の廃棄を行った業者を支援する事業に2200万円を充てる。
 県の新型コロナウイルスの緊急対策の経費が盛り込まれた補正予算案は24日の県議会に追加提案される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース