防府天満宮で「合格応援米」を奉納

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.11.16 20:00

 受験シーズンを前に、学問の神様・菅原道真を祀っている防府天満宮で「合格応援米」が奉納された。

 防府天満宮に運ばれてきたのは、受験生たちを応援する米「合格応援米」。奉納の儀式には山口農協直販とJA山口県の14人が参列した。奉納された「合格応援米」は、主に地元のJA山口県防府とくぢ統括本部管内で収穫された「きぬむすめ」のうち、一等米だけを使っている。大安の16日、およそ24トンの応援米がお祓いされ受験生の合格が祈願された。ことしの天候不順、台風などの困難を乗り越えた優秀なお米という。合格応援米は11月19日から来年2月末まで県内のスーパー、JA、パールライス取扱店で販売される。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース