周防大島町 藤本新町長が初登庁

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.11.16 19:53

 周防大島町長選挙で無投票で当選した藤本浄孝さんが16日、初登庁した。

 藤本浄孝新町長は、16日午前8時半に周防大島町役場に初めて登庁し、多くの職員に出迎えられた。藤本さんは京都府京田辺市出身の46歳で、2009年に父親の出身地である周防大島に移住した。2016年から町議会議員を務めた後、椎木巧前町長の引退を受け、先月の町長選挙に立候補し無投票で初当選した。藤本新町長は人口減少や高齢化といった課題に向き合うことになる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース