バイオマスで県内企業も出展

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.10.14 18:19

農業分野の大規模商談展が14日から千葉県で始まり、新たなバイオマス事業に取り組む山口県内の企業も出展している。
千葉県の幕張メッセで始まった「国際畜産資材EXPO」は、農業分野では国内最大の商談展。山陽小野田市の長州産業は、主力の太陽光発電事業に加えて、新たに取り組んでいるバイオマス事業についてブースを出展している。このバイオマス事業は、地域で排出される食品廃棄物や家畜の糞尿から微生物の力で飼料や肥料、バイオマス燃料などを生産する装置を開発するもの。バイオマス燃料からは蒸気や電気など再生可能エネルギーを生産することもできるため、長州産業では地域の中でエネルギーが循環するシステム作りを目指したいとしている。長州産業では廃棄物を資源化するシステムを研究・開発している企業とこの事業を進めていて、今年度中には受注を始めたいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース