スイセンの名所に

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.10.14 17:09

地域の公園をスイセンの花が咲き誇る名所にしようと14日、山口県山陽小野田市で地元の児童が球根を植え付けた。
山陽小野田市の縄地ヶ鼻公園でスイセンの球根を植え付けたのは高泊小学校の6年生と地元の振興会のメンバーなど約100人。この活動は、縄地ヶ鼻公園をスイセンの花が咲き誇る名所にしようと去年から行われている。児童は地域の人たちに教わりながら約3500個の球根を植え付けていた。縄地ヶ鼻公園には、10年以上前から地元の振興会のメンバーがスイセンの植栽を行っていて現在、約2万5000本が植えられている。計画では5万本を目標にしていて今後、3年かけて約2万本を植えるという。スイセンは来年2月頃から咲き始め3月中旬頃には満開を迎えるという。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース