ドローンで堤防を点検

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.09.16 18:19

山口県防府市の山口河川国道事務所では台風などによる水害に備え佐波川の堤防などの点検を毎年行っている。16日は初めてドローンを使い普段は人の目が届かない場所の点検も行われた。
山口河川国道事務所では毎年台風などの時期に合わせて佐波川の河口から約26キロ上流までの区間で堤防や護岸、橋の点検を行っている。これまでは目視での確認を行っていたが、今回初めてドローンを導入し川の中心にある橋脚など人の目が届かない場所の点検も行った。また、点検する場所にあわせて小型や中型のドローンを使い分けるという。点検は17日まで行われる。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース