子育て支援に役立てて

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.09.15 13:39

子育て支援に役立てて欲しいと広島市に本社を置くマックスバリュ西日本が山口県下松市に寄付金を贈った。
15日はマックスバリュ西日本の平尾健一社長らが下松市役所を訪れ、国井市長に寄付金の目録を手渡した。寄付金はイオンが全国で取り組んでいる地域振興型電子マネー・ご当地WAONの一つ、「下松市こども未来WAON」の利用金額の一部38万6318円だ。「下松市こども未来WAON」は事前に現金をチャージするプリペイド式のカードで、マックスバリュ西日本では2016年から毎年このカードで支払われた金額の0.1パーセントを下松市に寄付している。下松市では、ことしは出産を控えた夫婦や小学生などを対象にした乳児のおむつ替え体験などに使う沐浴人形を購入している。県内では下松市の他にも山口市や周南市など5つの市にご当地WAONがありマックスバリュ西日本では地元の支援のために多くの人に利用してもらいたいと話している。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース