風力発電施設・阿武町長計画に理解示す

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.09.10 17:15

町内に計画されている風力発電施設について山口県阿武町の花田町長は10日、「何が何でも反対という立場ではない」と表明し、計画への理解を示した。
花田町長はし「イージス・アショアの場合とは、趣が違うものであり、また地球温暖化防止に資する事業であるので、何が何でも反対という立場は取らない」と述べ計画への理解を示した。一方で、環境や健康の問題については「事業者にしっかり注文をつけたい」と述べている。茨城県の日立サステナブルエナジーの計画では阿武町の山間部に最大で13基の風力発電機を設置する予定で出力は、最大で5万4600キロワットだ。来月中旬、町内3か所で住民説明会が行われる予定。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース