デジタル化による県づくりを推進

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.09.10 14:39

新型コロナウイルスは社会全体のデジタル化を加速させている。村岡知事はデジタル化による県づくりを進めるため山口県庁あげて推進体制を構築する方針を示した。
県の活力創出本部会議ではコロナの時代に対応するための新たな方針が示された。2つの柱があり感染拡大防止を大前提とした経済活性化施策の重点化と危機から生まれた変化を成長へつなげる施策の加速化だ。村岡知事はデジタル化へ向けた県づくりのため県庁あげて推進体制を構築する方針を示した。今回の9月の補正予算案にも全県的な推進拠点を整備するための調査や支援モデルの実証のための予算を盛り込んでいる。村岡知事は県内の民間企業が5Gを活用できる環境を作っていく必要があるとし行政としてサポートできる施策を組み立てたいとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース