自民党総裁選・山口県連票は「総取り方式」

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.09.09 16:57

自民党山口県連は8日告示された総裁選挙で県連に割り当てられた3票の投票先について、予備選挙で最も得票した人に3票すべてを入れる「総取り方式」とすることを決めた。
自民党県連は9日、常任総務会を開き票の取り扱いなどについて決めた。県連に所属する党員・党友が行う予備選挙は現在、ハガキによる投票を受け付けていて12日に開票される。総裁選ではそれぞれの県連に3票が割り当てられていて、山口県連では最も得票した人に3票すべてを入れる「総取り方式」とすることを決めた。得票数や3票の投票先については党本部からの通達で事前には公表できないとしている。山口県連所属の党員・党友は約2万1500人。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース