元警察官の男に有罪判決

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.09.08 16:03

ことし1月から4月にかけて、山口県内の警察署や大型店舗で女性を盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反などの罪に問われていた元警察官の男に対し8日山口地方裁判所は懲役1年6か月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。
有罪判決を受けたのは県内の警察署に勤務していた元巡査長・飛谷一貴被告28歳。判決によると飛谷被告はことし1月から4月にかけ、携帯電話で警察署の女子更衣室や、宇部市の大型店舗の女子トイレなどで合わせて4回、盗撮行為を繰り返したという。8日の裁判で山口地裁の小松本卓裁判官は「4件の犯行を2か月あまりの間に行っていてその常習性は非常に強いもの」などとした一方で飛谷被告が反省の弁を述べていることや前科がないことを考慮し、懲役1年6か月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。弁護側は控訴しない方針。検察の求刑は懲役1年6か月だった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース