山口・下関市 新型コロナウイルス新たに2人感染確認

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.07.26 22:05

下関市は、30代の公務員の男性と10代の男子学生が、それぞれ新型コロナウイルスに感染していたことが分かったと発表した。

新たに感染が確認されたのは、下関市消防局の30代の男性署員と市内の大学に通う10代の男子学生の2人。男性署員は、今月20日に咳や痰の症状が出て、翌日には、38度台の発熱があった。その後も、症状が続くため、PCR検査を行い、26日、陽性が確認された。また、10代の男子学生は、今月23日に北九州市で陽性が確認された20代の飲食店従業員の女性と同じスナックでアルバイトをしていた。30代の男性署員と10代の男子学生は、いずれも現在、県内の病院に入院している。県内の感染確認はこれでのべ49人となった。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース