山口県・リンゴの産地で極早生品種を発売

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.07.22 16:20

リンゴの産地・山口県山口市阿東では、22日から極早生品種「まとう」の販売が始まった。
酸味が強く、さっぱりしているという。22日から販売が始まった極早生品種「まとう」。酸味が強く、糖度が低いため、さっぱりとしたリンゴとなっている。「まとう」を生産しているのは村本佳寿さん50歳。会社をやめ6年前にリンゴ農園を開いた。「まとう」の販売にあわせ村本さんは、直売所を約2年ぶりに再開させた。「まとう」は国道9号沿いの直売所・村本りんご園で販売している。1.2キロ・600円で販売している。また、徳佐りんご組合では来月15日からリンゴ狩りも始めることにしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース