周南市長 新型コロナ対策にボーナス全額削減

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.06.29 19:18

 新型コロナウイルス対策の財源に充てようと、山口県周南市の藤井市長は夏の期末手当いわゆるボーナスを全額削減する条例案を定例会に追加提案し可決された。

 藤井市長は夏の期末手当247万3500円を全額削減する条例案を定例会に追加で提案し、全会一致で可決されたと説明した。これは新型コロナウイルス対策の財源などに充てるためで、藤井市長はすでに6月から来年3月までの給与を10%カットすることも決めている。山口県内では村岡知事を始め、萩市の藤道市長と宇部市の久保田市長も夏の期末手当を全額削減するとしている。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース