イージス・アショア計画断念受け住民団体解散へ

この記事をシェア

  • LINE
山口2020.06.28 16:33

 イージス・アショア配備断念の国の決定を受け、計画に反対してきた山口県阿武町の住民団体が会の解散を決めた。

 阿武町宇生賀集落で27日に阿武町民の会の役員会が開かれ、会の解散を決めた。阿武町民の会はイージス・アショア配備の反対運動を続け、阿武町民の過半数が会員となっている。国がイージス・アショアのむつみ演習場への配備を断念したことを受け、役員会は「設立の目的は達成した」と解散を決め、今後は地域の連携をまち作りにつなげていくとしている。阿武町民の会の新聞で会員への報告を行い、7月中に正式に解散する予定だ。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース