県中央植物園 秋のラン展 始まる

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.11.21 18:24

 晩秋に可憐な花を咲かせるランを集めた展示会が21日、富山市の植物園で始まりました。

 県中央植物園で始まった秋のラン展は、県欄協会などが毎年開いています。

 寒ランをはじめ、カトレヤなどの洋ランおよそ205点が展示されています。

 寒ランは、東洋ランの一種で、毎年11月ごろの寒い時期になると可憐な花を咲かせます。

 中でも、中央植物園長賞を受賞した立山町の小林修さんの「寒ラン 雄鵬」は、一本の木が高く、まっすぐ雄大に伸びている点が評価されました。

 また会場では、6種類のランの中から香りの好きなランに投票する「香りのコンテスト」も行われています。

 秋のラン展は、県中央植物園で23日まで開かれています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース