氷見漁港 シーズン到来「ひみ寒ぶり宣言」

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.11.21 12:03

 富山湾の冬の味覚、ブリが氷見漁港で21日、およそ180本水揚げされ、地元の漁協などはシーズン到来を告げる「ひみ寒ぶり宣言」を出しました。

 けさ、氷見漁港では、ブリ181本が水揚げされ、重さは平均で9.5キロ、なかには13キロほどの大物もありました。

 そして漁協などでつくる判定委員会が、大きさなどを見極めて、「ひみ寒ぶり宣言」を出しました。宣言は昨シーズンよりも1日遅くなりました。

 漁港には競り人の声が響き、ブリは次々に競り落とされていきました。

 仲買人 半七 岡本侑大さん
「まだことしも暖かいですけど、これからどんどん増えていって大漁に期待したいですね」

 富山湾のブリ漁はこれからピークを迎え、全国へ出荷されます。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース