感染の富大生 会食・カラオケでクラスター

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.11.19 19:23

 県内で新型コロナウイルスへの感染が、19日も新たに3人確認されたと県が発表しました。感染確認は6日連続です。いずれも富山市で、20代の男性2人と70代の女性です。

 一方、17日と18日、新型コロナウイルス感染が判明した6人は全員が富山大学の学生で、うち5人は会食やカラオケをしていたことが分かり、富山市は会見でクラスター=感染者集団が発生したとしました。県内でのクラスターは8例目です。

 酒井敏行富山市福祉保健部長
「富山大学のサークルの5人でクラスターは形成されている認識で接触者ご家族などの検査はできるだけ広がらないようにしっかり把握したうえで追跡して抑えていきたい」

 17日から18日にかけて感染が判明した富山市の10代と20代の男女6人は、全員が富山大学の学生と分かりました。

 このうち5人は、サークル関係の仲間です。

 この5人を含む仲間7人は、今月12日の夜から、富山市内の居酒屋2軒で会食したり、カラオケをしたりしました。

 今月14日から発熱などの症状を訴え検査した結果、17日に男性1人、18日に男女4人の合わせて5人の感染が判明しました。

 また残る20代の男性2人も19日に陽性が判明し、7人全員が感染したことになります。

 17日と18日に感染が分かった学生5人の濃厚接触者は、家族や友人など合わせて37人です。

 また、クラスターが発生した富山大学のサークルには、およそ60人が所属していて、富山市は全員を検査する方針です。

 一方、18日に感染が分かった富山市の20代男性も富山大学生で会食に参加していた女子学生の濃厚接触者でした。

 また19日に感染が分かった3人の詳細については、20日に会見で発表するとしています。

 富山大学は、学生に新型コロナウイルスの感染が確認されたことを受けて、19日から富山市の五福キャンパスへの学生の立ち入りを原則禁止とし、講義は休講としています。

 19日朝、キャンパスの入り口では立ち入り禁止を知らせる掲示が出されていました。しかしそれを知らずにキャンパスを訪れる学生の姿もありました。

 学生
「せっかく対面だったのでさみしい気持ちもありますけどでも状況が状況なのでしょうがないかなと」

 大学は、五福キャンパスでは今月23日まで入構を禁止して講義は休講とし、連休明けの24日から来月2日まではインターネットでの遠隔授業を行うとしています。

 その後については感染状況を見て対応を決めていくとしています。

 県内での感染者の累計は438人、このうち入院中が9人、入院調整中が3人、宿泊療養施設の入所者が1人で、重症者はいません。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース