新富山南警察署 業務開始は今月24日から

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.11.18 19:26

 富山市蜷川に整備が進められていた新しい富山南警察署が完成し18日、式典が開かれました。業務開始は今月24日からです。

 式典には、新田知事などおよそ80人が参加し、完成を祝いました。富山市蜷川の国道41号線沿いに整備された新富山南警察署は4階建てです。

 市民が利用する相談室は、白を基調として明るく落ち着いた空間です。また、富山空港が浸水した場合に駐車場の一部が県警ヘリの離着陸場として活用できるなど、災害にも備えています。

 新しい署での業務開始は今月24日からで、これに伴い富山市は現在の4署体制から中央、南、西の3署体制となり、堀川や山室など、これまで中央署の管轄だった一部の地域が南署に移行します。

 富山南警察署 中田聡署長
「(空港や高速道路など)交通の要衝が近くにあるということは広域犯罪者の流入や流出を阻止できるし、県内で大規模災害が発生したときは県外部隊の受け入れや出動拠点にもなりますのでそうした機能を十分発揮していきたい」

 管轄の変更で、南署は県内最大のエリアを担当することになり、署員も100人程度増員して、およそ170人とします。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース