舟橋村 現職・金森村長 立候補を断念

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.11.17 11:46

 来月行われる舟橋村の村長選挙について、現職の金森勝雄村長(77)は、16日夜、立候補しない意向を示しました。

 16日夜開かれた金森村長の後援会の臨時役員会には、およそ20人の関係者が集まりました。

 金森村長は、ことし3月の村議会で5回目の当選を目指して村長選に立候補する意向を示していました。しかし、先月の県知事選挙の結果や村民の声を踏まえ、若い世代が多い舟橋村で高齢、多選である自分は世代交代すべきだとして、村長選挙に立候補せず、自分より若い候補を支援したいとしました。

 金森村長「世代交代は求められている。そういう風は止めることはできない。それを生かしていくのが私の役目。私は勇退を後輩の方々にバトンタッチし、さらなる舟橋村の発展に努めてもらうという方向付けが一番ふさわしいと思った」

 舟橋村長選には、前の副村長の古越邦男さん(67)がことし8月に立候補を表明しています。金森さんが立候補を断念したことで無投票となる可能性が出てきています。舟橋村長選は来月15日告示、20日投票です。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース