県立高校の入学願書 性別欄を削除

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.11.12 19:02

 LGBTなど性的少数者の受験生に配慮するため、県教育委員会は、県立高校などの入学願書から性別を記載する欄を削除することを決めました。

 これは、12日の県教育委員会議で県教委が報告したものです。これまで県立高校などの入学願書は、受験生本人が住所や氏名のほか、性別を記載する欄を設けていました。県教委は、生れた時の性別と自らが認める性別が一致しない生徒に配慮し、本人が性別を記載する際の心理的抵抗感などをなくすためとして、来年度から入学願書の性別欄を削除します。

 委員からは、男女別の名簿の記載など、少しずつ改善する必要があるといった意見が出ました。入学後のクラス分けなどは、中学校から提出される調査書などを参考に決めるということで、県教委は、学校内の書類でも削除できるものがないか、各学校で検討しています。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース