県職員のボーナス 10年ぶり引き下げ勧告

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.11.12 18:55

 県の人事委員会は12日、県職員のボーナスについて、引き下げるよう勧告しました。引き下げは10年ぶりです。

 勧告では、県の行政職について、ボーナスの支給額を現在の4.5か月分から0.05か月分引き下げ、4.45か月分とするよう求めています。

 理由について県人事委員会は、県内の民間企業とのことし4月時点での比較で、県職員の支給月数が民間を0.06か月分上回っていたためとしています。いっぽう、月例給については、民間との格差が小さいことや、人事院が改定を見送ったことなどを総合的に勘案し、据え置くとしました。

 ボーナスの引き下げは10年ぶり、月例給の据え置きは7年ぶりです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース