「アビガン」新型コロナ治療薬 承認申請

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.10.16 19:19

 富士フイルム富山化学は自社で製造する医薬品「アビガン」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として16日、厚生労働省に承認を申請したと発表しました。

 アビガンは富士フイルム富山化学の前身である富山化学工業が開発した抗インフルエンザ薬で、ウイルスの増殖を防ぐことから新型コロナウイルスへの効果も期待されています。

 富士フイルム富山化学は、アビガンの臨床試験で新型コロナウイルスによる症状を早期に改善する効果があることを確認したとして、治療薬としての承認を申請しました。

 これに対して厚生労働省は…

 田村厚労相
「なるべく早くという話はこういう緊急事態ですから認識しているが、有効性安全性を確認できないと承認はできないのでしっかりと精査する」

 承認されれば国内で3例目の新型コロナウイルス治療薬になります。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース