野上浩太郎参議院議員が初入閣

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.16 11:54

 16日発足する菅新内閣に、富山選出の野上浩太郎参議院議員が農林水産大臣として初入閣することが内定しました。

 農林水産大臣に内定した野上浩太郎参議院議員は53歳、2001年の参議院選挙富山選挙区で初当選し、現在3期目です。野上議員が新閣僚として担当するのはコメどころ富山にもかかわりが深い農林水産の分野です。

 新型コロナウイルス感染症の影響で消費が落ち込んだ農林水産物の需要喚起策「GOTOイートキャンペーン」の実施、全国各地に被害をもたらしたことし7月の豪雨災害からの農林水産分野での復旧復興、農産物の海外流出を防止するための措置を図ることを目的としながらも、根強い反対も多く前の国会で継続審議となった種苗法の改正といった多くの課題を抱えています。

 県選出の国会議員が入閣するのは、おととしから去年にかけて沖縄・北方担当などの大臣を務めた宮腰光寛衆議院議員以来となります。

 また、県選出議員で農林水産大臣になるのは故・松村謙三衆議院議員以来75年ぶりです。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース