被告に懲役8年 過剰防衛が成立

この記事をシェア

  • LINE
富山2020.09.15 19:09

 去年9月、魚津市の国道で車にしがみついた男性を転落させ死亡させた事件の裁判員裁判で、殺人の罪に問われている男に対し富山地方裁判所は15日、懲役8年の判決を言い渡しました。弁護側が主張した過剰防衛の成立が認められた量刑です。

 判決を受けたのは、黒部市沓掛の無職 高村茂志被告(33)です。

 判決によりますと、高村被告は去年9月8日の深夜、魚津市の国道8号線で、新潟県阿賀野市の渋谷直純さん(当時54)と車の追い越しを巡って口論となりました。その後、渋谷さんが車にしがみついた状態で1キロ余りを走行し、転落させ後輪でひいて殺害したとされていました。

 弁護側は、被告が渋谷さんからあおり運転を受け、サイドミラーをけられるなど、危険を感じたと主張していて、過剰防衛が成立するかどうかが争点となっていました。

 判決で大村泰平裁判長は「渋谷さんがクラクションを13秒にわたって鳴らしたり、ライトを上向きにしたりして、被告を追走したことは、車間距離が一定程度あった」として、あおり運転にはあたらない」としました。

 その一方で「渋谷さんが被告の車のドアミラーを蹴ったことは暴力行為であり、違法性は大きかった」として、過剰防衛が成立すると判断し、検察側の懲役15年の求刑に対し、懲役8年の判決を言い渡しました。

 裁判の後、裁判員2人が会見に応じました。

 裁判員「ささいなトラブルから殺人事件に発展した、日本人全体がちょとしたことで怒りやすくなっている。ドライブレコーダーが今回のケースで活用された、今後も活用すればよい」

 また裁判員の1人は、判断の難しさをにじませ、誰にでも起こり得るかもしれない事例だったと話しました。

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース